忍者ブログ
『COOL』は、世界で活躍するアーティストやニューヨークで注目のアートシーンなどを紹介していくアートマガジンです。創造するということ、かっこいいものを見ること、そこから感じる何かを世界中で共感できたらおもしろい!文化が違うとこんな違ったかっこよさもあるんだ!そんな発見・感動をしてもらえるボーダレスなアートマガジンを目指しています。現在、全米各地やカナダ、フランス、日本、中国などで発売中。誌面ではなかなか伝えられないタイムリーな情報や、バックナンバーに掲載されたインタビューなどをこのブログで公開していきます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1755年のリスボン大震災。街の崩壊後、当時の首相であったMarquesh de Pombalは街を急速に建て直した。現在は市長Isaltino Moraisによって街もアートも成長し続けている。オエイラス市は、最も住みたい市の一つであり、2009年、ポルトガルの "THE BEST WORK CITY" にも輝いた。

アトランティック海洋沿岸に沿うポルトガル・オエイラス市は、今年生誕250年を迎える。1年を通してフェスティバルやイベントが計画され、世界の音楽、ダンス、アートと賑わいを絶やさない。その一環として、18C の宮殿を改造したPalacio do Egipto(エジプト宮殿)が2009年6月25日に改装オープンした。エジプトの聖人を愛していたという当時の宮殿の主Rebelo de Andradeに因んで、エジプトの名を残している。 



エントランスでは、ポルトガルの伝統的タイルアート、アズレージョによって出迎えられる。建築デザインは、ポルトガル建築家のVaz do Carmo (バジュド カルモ)氏による、ウェディングドレスのベールをイメージしたロマンチックな構想だ。太陽の光の恵みとともに近隣から差し込む教会の鐘の音が鳴り響く。白一色のウェデング建築は、人々を幸福のオーラに誘い、全てを祝福するかのようだ。一方、建築途中に発見されたという作者不明のミステリーアートが外壁に主張する。



オープニングを飾るのは、スペインの代表的アーティストSalvador Dali(サルバドール・ダリ)。ダリの親友であるというスペインのコレクターJuan Javiel Bofill (ホアン ハビエル ボフィル)により、プライベートコレクション6シリーズ、およそ100点をバルセロナより特別公開している。魅力は、美術館には珍しくオリジナルの彫刻に触れることができるところだ。ダリはアートには触れることで、もっと作品に近づき、感じることができるという。死を恐れていたダリは、MEDO(恐怖)を彫刻に表現した。



注目の作品は、‘DRAGON-CISNE-ELEFANTE’(1969 Bronze)正面から見るスワンが、逆さから見ることにより象に変わり、さらに後方に視点を移すと、ドラゴンに見える。一つの彫刻が視点の転換で3つの顔を持つ。Alice’s Adventures in Wonderland(不思議の国のアリス)は、12点の絵画がダリの生み出すユニークなイメージで、影を操り、まさに不思議なストーリーへと迷い込ませる。 



アートは3ヵ月ごとに入れ替わり、ダリコレクションは9月15日までとなっている。毎月、最終金曜日は深夜12時までのオープンし、夜のミュージアムも味わえる。ガイドツアーに加え、コンサートなど今後様々なイベントが企画されている。年内に3つのカフェがオープンし、市独特のオリジナルスイーツも味わえるという。2009年、ポルトガルの海・太陽・アートに触れに出かけよう。


(Text & Photo by Yuka Takao)
PR
「Eco Shift Taito-アートを通して考える地球の未来」


<strong>東京アートシーンの新たなホットスポットとして注目を集める台東区の3 つのギャラリー(Gallery COEXIST、ギャラリー空、MAKII MASARU FINE ARTS)が中心となり、アートによる環境運動を促進する様々なアートプログラムを実施するエコ・アートイベント「Eco Shift Taito」が2009 年10 月30 日〜11 月22 日に開催されます。国内外で活躍するアーティストが参加し世界6 都市を巡回した話題のエコバッグの展覧会『The Nomadic “decob”』がGallery COEXIST にて開催される他、それぞれのギャラリーの持ち味を生かした企画展が開催され、また体験プログラムとして、子どもから大人まで誰もが楽しめるワークショップが会期中に実施される大規模なイベントです。
「Eco Shift Taito」というタイトルは、Change(変革)やStart(出発)ではなく、今あるものをShift(転換、動かす)させて未来を考えていこうというメッセージが込められています。

【募集内容】
「Eco Shift Taito」のロゴデザイン(文字のみ、又は文字とアイコンを組み合わせたもの)選ばれたロゴは、イベント告知ポストカードやウェブサイト、ポスターなどに使用されるほか、限定発売されるオリジナル・エコバッグにもプリントされるなど、イベントの魅力を発信するために幅広く活用されます。また作成者のお名前は公式ウェブサイト、その他の媒体に掲載させて頂きます。さらに、グランプリ1名、準グランプリ2名に、スポンサーのターナー色彩株式会社より絵の具のセットが進呈されます。

【応募資格】
個人、グループ、プロ、アマ、年齢性別を問いません。どなたでも応募できます。

【注意事項】
1 作品は未発表のもの(一人3 点まで応募できます)
2 作品の著作権、使用権等の一切はEco Shift Taito 実行委員会に帰属します。
3 応募作品については必要な修正を行うことがあります。

【応募方法】
住所、氏名、グループ名、電話番号、作品の簡単な説明文を明記のうえ、Email にて
下記まで応募してください。

【締切り】
2009 年9 月23 日

【応募及びお問い合わせ】
gallery_coexist@yahoo.co.jp

※件名に「Eco Shift Taito ロゴデザイン」と記入してください。

Gallery COEXIST
ギャラリー コエグジスト
担当:別府
〒110-0016 東京都台東区台東1-23-12
TEL 03-6803-2035 FAX 03-6803-2045
http://coexist-art.com/


日本でも大人気の手編み布草履が、ニューヨークに逆上陸!
着られなくなったTシャツをリサイクルして可愛い布草履を作るワークショップです。
みんなで楽しく簡単エコライフ!


Learn how-to, by following the simple instruction in a very relaxed atmosphere. The best timing to make your own ZOORI, Japanese hand woven cloth sandals.

Date: Thursday, Sep 24th. 2009
Time: 7:00pm-10:00pm


Instructor: Kimiko
Materials: Please Bring THREE of your old T-shirts and Scissors

Fee: $45 (includes the ZOORI making instruction) *Please pay at the door

Where: CRS (Center for Remembering & Sharing)
123 4th Ave, 2nd FL (between 12th & 13th streets)
New York NY 10003
212-677-8621


Contact to register: RSVP to the website, or send the email, zoori@whiteinc.jp
http://groups.to/zoori

In this workshop, we will teach the simple techniques to make a pair of ZOORI using your old, unwanted T-shirts.
*The part of the profits and 1 T-shirt from these workshops
will be donated to the 'LET’S HAVE A DREAM' project.
未来を担う世界の子供たちのためのアート団体、The Color Of Love Org.が設立された。無限の可能性を秘めた子供たちに、アートを通じて表現することの喜びを教え、豊かな心を育むための様々な機会を提供していく。

The Color Of Love Org.公式サイト


言語
English / 日本語
ブログ内検索
カレンダー
‹‹ 09 2017/10 11 ››
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/15 レンジ]
[12/22 ぺこりん]
最新トラックバック
(11/21)
(07/17)
Copyright © COOL Magazine Inc. All rights reserved.      忍者ブログ [PR]