忍者ブログ
『COOL』は、世界で活躍するアーティストやニューヨークで注目のアートシーンなどを紹介していくアートマガジンです。創造するということ、かっこいいものを見ること、そこから感じる何かを世界中で共感できたらおもしろい!文化が違うとこんな違ったかっこよさもあるんだ!そんな発見・感動をしてもらえるボーダレスなアートマガジンを目指しています。現在、全米各地やカナダ、フランス、日本、中国などで発売中。誌面ではなかなか伝えられないタイムリーな情報や、バックナンバーに掲載されたインタビューなどをこのブログで公開していきます。
[129]  [128]  [126]  [125]  [127]  [124]  [123
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


© Bill Cooper

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」がニューヨークに帰って来た!12年前にブロドウ
ェイで上演されたあの伝説の現代ダンス劇が4週間のみ特別に上演されているのだ。待
ちに待った再上演にニューヨーカー達は熱狂し、シアターは毎日満員御礼となっている
そうだ。

イギリスの最も成功した振付師また舞台監督の1人に数えられるマシュー・ボーン。
1986年にダンス学校卒業後に友人等と共に「アドベンチャーズ・イン・モーション
・ピクチャーズ(現在はニュー・アドベンチャーズ)」という舞踏団を結成し、翌年か
ら振付師兼監督として活躍し始め、今までに「ザ・カーマン」「プレイ・ウィズアウト
・ワーズ」「シザーハンズ」等を手掛け、ローレンス・オリヴィエ賞やトニー賞受賞の
経験を持つ。

マシュー・ボーンと言えば、「白鳥の湖」と言われる程、高い人気を誇る彼の手掛けた
「白鳥の湖」。1995年にロンドンで初演を終えてから15年間ノンストップで世界を駆
け巡り、鍛え上げられた体を持つ男性のみが白鳥に扮している事がやはり一番大きなイ
ンパクトを与え観客の既成概念を覆してきた。男性だからこそ、彼らのダンスは華麗で
かつパワフルで、彼らが舞台で激しいパフォーマンスしているときは、汗が飛び散って
いるのも見えるくらいだ。

切ない古典バレエにコミカルな演出を加え、物語をあくまでもスピーディに見せてゆ
く。またアルフレッド・ヒッチコックの「鳥」からアイデアを取り入れる等、独特の解
釈で新しく構築された本作は、ロマンスを描いた元々バレエとは違い、母の愛を受けず
に育った主人公の王子が、なりたくてもなれない「彼自身の理想像」を一羽の白鳥に見
出し、息の詰まる様な絶望的な現実の中で苦しむ姿を描き出している。

1995年に本作の上演が始まって間もない頃、「これは本物ではない」という意見を持
つ人も少なくなかった。ところが時の経過とともに、この作品を観た事がきっかけでダ
ンサーに憧れる人もいるように、人々に夢やインスピレーションを与える重要な芸術と
して認められる様になった。今回のニューヨーク公演も毎晩観客全員が最後にスタンデ
ィングオベーションを行い、ショーへの感動を表すという。この15年の間に人々の心
を揺さぶり続けモダン・クラシックという新ジャンルを打ち立てたマシュー・ボーンの
白鳥の湖。今秋最も見逃す事の出来ないエンターテイメントの1つだ。

Text by Taiyo Okamoto
PR
※Post new comment
name
title
email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※Trackbacks
trackback:
言語
English / 日本語
ブログ内検索
カレンダー
‹‹ 05 2017/06 07 ››
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/15 レンジ]
[12/22 ぺこりん]
最新トラックバック
(11/21)
(07/17)
Copyright © COOL Magazine Inc. All rights reserved.      忍者ブログ [PR]