忍者ブログ
『COOL』は、世界で活躍するアーティストやニューヨークで注目のアートシーンなどを紹介していくアートマガジンです。創造するということ、かっこいいものを見ること、そこから感じる何かを世界中で共感できたらおもしろい!文化が違うとこんな違ったかっこよさもあるんだ!そんな発見・感動をしてもらえるボーダレスなアートマガジンを目指しています。現在、全米各地やカナダ、フランス、日本、中国などで発売中。誌面ではなかなか伝えられないタイムリーな情報や、バックナンバーに掲載されたインタビューなどをこのブログで公開していきます。
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 毎年イタリア・ミラノで開催される、世界最大規模の家具・インダストリアルの祭典、「ミラノサローネ(国際家具見本市)」。世界中からメーカーやバイヤーが集まるビジネスの大舞台だ。そこには「SaloneSatelite(サローネサテリテ)」と呼ばれる、新世代のデザイナー達が作品を発表する舞台も設けられる。
 
 その「SaloneSatelite(サローネサテリテ)」に日本の若手デザイン・ユニットaun2h4が参加した。aun2h4は、4人のインハウスデザイナーと1人の建築家で構成されている。「あうんの呼吸」という日本語ならではの言い回しをとりいれたユニット名にふわさしく、今回の発表のコンセプトは「Transience ― はかなさ ―」。「和」独特の美を表現するキーワードのひとつだ。
 
 このコンセプトのもとに発表された「フラワーベース」と「時計」には、それぞれ「Transience ― はかなさ ―」にたどりつく作品ごとのテーマがある。花は風に吹かれて動きをもつ。”Sway”はその「揺れ」の動きによって生まれる瞬時のはかなさを表現する。”Reflect”は水に浮かぶ花びら、水に映る花を鑑賞してもらおうというテーマだ。また時計においても、「時」=「瞬間」=「はかないもの」として捉えることで、彼ら独自の「Transience ― はかなさ ―」を表現した。
 
 ミラノで注目を浴びた彼らは、2007年8月2日から7日まで、東京・五反田にある東京デザインセンターで再び本作品の展示を行う。世界の大舞台「ミラノサローネ」への過程も垣間見れるようなので、是非彼らの活躍を覗いてみて欲しい。

sway
sway

reflect
reflect
re-plant
re-plant
vanish
vanish
separate
separate




Japan Design in Milano Salone 2007
aun2h4 transience
期間:2007年8月2日(木)~7日(火)
    11:00~19:00(土日12:00~19:00)
会場:東京デザインセンター 1F TDCスペース
主催:東京デザインセンター
共催:株式会社丹青社


aun2h4
稲垣誠 高辻純哉 伏見友衣 杉本貴司 田中利岳
http://www.aun2h4.com/


東京デザインセンター
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
tel:03-3445-1121
JR山手線五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線五反田駅A7出口正面
http://www.design-center.co.jp/



text: Mieko SAI photo: aun2h4
PR
※Post new comment
name
title
email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※Trackbacks
trackback:
言語
English / 日本語
ブログ内検索
カレンダー
‹‹ 09 2017/10 11 ››
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/15 レンジ]
[12/22 ぺこりん]
最新トラックバック
(11/21)
(07/17)
Copyright © COOL Magazine Inc. All rights reserved.      忍者ブログ [PR]