忍者ブログ
『COOL』は、世界で活躍するアーティストやニューヨークで注目のアートシーンなどを紹介していくアートマガジンです。創造するということ、かっこいいものを見ること、そこから感じる何かを世界中で共感できたらおもしろい!文化が違うとこんな違ったかっこよさもあるんだ!そんな発見・感動をしてもらえるボーダレスなアートマガジンを目指しています。現在、全米各地やカナダ、フランス、日本、中国などで発売中。誌面ではなかなか伝えられないタイムリーな情報や、バックナンバーに掲載されたインタビューなどをこのブログで公開していきます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都、東山霊山の山麓にある鷲峰山高台寺。豊臣秀吉の菩提を弔うために北政所(ねね)によって建立された由緒ある寺院として知られ、国の重要文化財にも指定されている。

その高台寺にある塔頭(大寺院の敷地内にある小寺院や別坊)を舞台に、日英両国の現代アーティスト達が「月」をテーマとした光のインスタレーションを展示する。

日本の伝統と歴史をいまに伝える寺院と、現代の先端をいくアート、そして日本と英国という全く異なる2つの文化とをコラボレーションさせるこの実験的かつ意欲的な試み。そこから生まれる、時間や文化を超越した全く新しいアートを、是非その目で確かめていただきたい。




©Taisuke Morishita



【開催地】岡林院・月真院(高台寺塔頭)2ヵ所同時開催(秋の夜間特別公開 通常非公開)
【会期】10月31日(金)~11月16日(日) 
*11月6日(木)・7日(金) 「着物の似合うまち京都」連携
12月1日(月)~12月14日(日) 
日没後午後5時から午後9時30分まで受付10時閉門

レセプション 12月1日(月)午後5時~ 日英アーティスト出席 

拝観料 : 500円(大人)、250円(中・高生 いずれも税込)、小学生以下無料 着物割引2割引
*気象警報が出ている日は拝観をご遠慮願うこともございますので、ご了承ください。



【参加アーティスト】
月真院
Chris WAINWRIGHT (イギリス)
Anne LYDIAT(イギリス)
森下 泰輔(日本) 
地場 賢太郎(日本)

岡林院
Tina KEANE (イギリス)
菅間 圭子(日本)

主催:銀座芸術研究所
共催:月真院、岡林院 
協賛:MACL、KYOTO ART FESTIVAL京都文化祭典'08   
協力:株式会社アーキテクチャー
助成:芸術文化振興基金、グレイトブリテン・ササカワ財団、大和日英基金、セントラル・セント・マーティン/ロンドン芸術大学
後援:京都府、京都市、鷲峰山 高台寿聖禅寺、ブリティッシュ・カウンシル、ロンドン芸術大学、特定法人京都藝際交流協会JARFO
関西元気文化圏、UK-Japan 2008 日英交流150周年記念事業 認定


公式ウェブサイト http://www.the-moon.jp/
PR
日本ではもうすっかりお馴染になった、アートイベント「GEISAI」。村上隆率いるKaikai Kikiが、芸術の未来を担う新人アーティストを育成するというコンセプトのもと、2001年夏に第一回目が開催され、以来回を重ねるごとにその規模と参加者を拡大し続け現在に至る。そして来月ついに「GEISAI」がアメリカ(マイアミ州)に初上陸する。

参加予定アーティスト:David Almeida
           Ananda Cavalli
           Charles Clough
           Quashelle Curtis-Christie
           Blane De St. Croix
           Eric Doeringer
           DOLLA
           Erica Eyres
           Danielle Giudici Wallis
           Bruce Gundersen
           Akira Ikezoe
           Masamitsu Katsu
           David Leroi
           Maria Adelaida Lopez
           Sumiko Nogi
           Kristin Posehn
           Lizabeth Eva Rossof
           Diana Shpungin & Nicole Engelmann
           Cordell Thurman
           TM Sisters


インフォメーション:2007年12月5日(水)〜9日(日)

          2136 NW 1st Ave (@ NW 21st Street)
          Miami, FL 33127 USA


---> GEISAI Miami 公式サイト


ニューヨーク現代アートの中心地チェルシー地区にあるアゴラギャラリーでは、
来年8月、日本人アーティストの展覧会「Matrix of the Mind」の開催を予定している。

それにともない現在、日本人アーティストによるのコンテンポラリーアート作品を募集中。
一部の展示は決定しており、スペースに限りがあるため選ばれた作品のみの展示となる。

応募詳細
http://www.agora-gallery.com/AnnualExhibition/Matrix_08_15_2008.aspx/




  


大自然と薩摩のルーツを要素に、コンピュータメディア、ファッション、絵本、それぞれの世界で活躍する3人の薩摩出身イラストレーターによるグループ展「サツマティック」が、NYのチェルシー地区にあるhpgrp Galleryで10月18日よりおこなわれる。

参加アーティストは、「自宅の庭で観察した植物と、SF感覚との融合」をテーマに、自然とテクノロジーの共生を軽やかに描き出す大寺聡。鹿児島の黒、情熱と女性の赤、海と男性の青、そして世界をつなげる白を基調に、「伝統に趣きを置く薩摩文化の中で生きる女性の強さや美しさや新時代を牽引する女性の大胆さ」をモチーフに描くchinatsu。薩摩人のあたたかみや薩摩の自然から感じる愛を題材に、鉛筆で描画した優しいタッチとCG着色した懐かしい色合いで、心に浮かび上がるストーリーを絵本として表現する丈井彰一郎。

また同展では、100年以上の歴史を持つ鹿児島焼酎会社 田苑酒造がスポンサーとして、世界を代表する焼酎産地 薩摩が生み出した現代アーティスト3人のNYデビューをバックアップしており、オープニングレセプションでは、世界で愛されている『麦焼酎 田苑ゴールド』に加え、まだNYでは流通されていない『薩摩芋焼酎 田苑黒麹仕込み』の2種類の焼酎が振る舞われる。

Gallery Info
http://www.hpgrpgallery.com/current_main.html

ニューヨークのグッゲンハイム美術館で現在開催中の『Spanish Painting From El Greco to Picasso: Time, Truth, and History』(2006年11月17日~
2007年3月28日)に18世紀の巨匠フランシス・ゴヤの名作の一つ『Children with a Cart』が新しく加わり、2月16日から一般に公開されている。

この作品は昨年の11月にスペインのトレド美術館からグッゲンハイム美術館への輸送途中、ペンシルベニア州で作業員が休憩中にトラックから盗み出されたもの。翌朝になって盗難が発覚し大騒ぎとなったが、約10日後にFBIの手によってニュージャージー州で発見された。絵は発見された後直ちにトレド美術館に戻され、今回の展覧会の出品は一旦キャンセルとなったが、グッゲンハイム側からの再度の要請によりトレド側が展覧会終了までの貸し出しを承諾、今回ニューヨークで初のお披露目となった。未だに犯人は見つかっておらず、捜査は現在も続行中である。


text, photo by Sai MORIKAWA
言語
English / 日本語
ブログ内検索
カレンダー
‹‹ 09 2017/10 11 ››
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/15 レンジ]
[12/22 ぺこりん]
最新トラックバック
(11/21)
(07/17)
Copyright © COOL Magazine Inc. All rights reserved.      忍者ブログ [PR]